楽天ペイのメリット・デメリット・還元率3.5%以上得る方法

title

 

2019年10月の消費税増税までもう少しです。

政府は急な負担増を緩和するため中小小売店でキャッシュレス決済での支払いの場合に最大5%分が還元される方針を示しています。

ニュース記事はこちら

 

実質お得になる政策なわけですが、「キャッシュレス決済」のみが対象というのが見過ごせない項目です。

現金で支払っていては何も恩恵を受けられないわけです!!

こんなもったいない事はないので、今のうちからキャッシュレス決済に慣れておきましょう。

キャッシュレス決済はクレジットカード・電子マネー・スマホ決済アプリと大きく3種類ありますが、今回は楽天ユーザーは必ず押さえるべきスマホ決済アプリ「楽天ペイ」について紹介します。

楽天ペイの最大の魅力はキャンペーン中の還元率アップや、常時3.5%以上の還元率を狙えるところにあります。

PayPayやLINE Payなどの他のスマホ決済アプリと対抗して今後も大きなキャンペーンを期待できます。

今のうちに使い方を覚えておくのが良いでしょう。

 

こんな人向けの記事です

  • 楽天ペイの何がお得なのか
  • 楽天ペイで還元率を上げる方法
  • メリット・デメリット・注意点

 

先に楽天ペイをお得に使うためのポイントをまとめておきます

  • キャンペーン中は楽天カードを紐づけて5%還元(2019.9.30まで)
  • 通常時はKyashを紐づけて3.5%還元を狙う
  • 楽天スーパーポイントでの支払いはオフにする

まとめだけ聞いてもピンとこない方はぜひ詳細な解説をお読みください!

 

この記事を書いているゴマ夫は結婚を機に将来のライフプランを考えた時にお金の問題と真剣に向き合いました。

子供2人と住宅ローンを抱えていたら月に1回の外食もできないかもしれない・・・

そんな不安を吹き飛ばすべく、節約・資産運用・副収入について徹底的に勉強して行動しました。

それでは解説参りましょう!    

 

通勤中などに聞き流して本記事の内容を理解することも出来ますのでこちらの動画もどうぞ⇩

【基本】楽天ペイ支払額の0.5%の楽天スーパーポイントが貯まる

rakuten pay

楽天ペイとは?

楽天ペイとは、楽天の提供サービスであり、スマホで決済・送金ができるアプリです。

Android,iOS ともにアプリをダウンロードして登録すれば無料で使うことができます。

 

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

楽天ペイで決済すると支払額の0.5%の楽天スーパーポイントが貯まります。

正確には200円のお支払いごとに1ポイント付与ですので、199円のお買い物では0ポイントというところに注意!

 

楽天ペイの登録方法

アプリをダウンロードしたら楽天IDでログインしてください。

事前に楽天IDを登録しておいた方がスムーズです。

楽天市場でお買い物したことがある方なら登録してあるクレジットカード情報がそのまま使われるので手間いらずです。

電話番号認証と、クレジットカードのセキュリティーコードを入力すれば登録完了です!

 

チャージ方法

楽天ペイでの支払いは楽天IDに紐づけられたクレジットカードから支払われるため基本的にはチャージ不要です!便利!

解説

他には「楽天キャッシュ」で支払うことも可能です。

楽天キャッシュは楽天ペイ内で使える電子マネーだと思ってください。

 

楽天キャッシュをチャージする方法は

  • クレジットカードからチャージする
  • 「ラクマ」というフリマアプリの売上金からチャージする

ラクマの売上金が使えるのはかなりのメリットです。

売上金10000円未満の出金手数料は210円かかってしまうので、売上金が小さい人にとっては出金手数料が無料になるのと等しいですね!

楽天キャッシュは個人間の送金にも使えるので、楽天ペイユーザー同士で割り勘とかも簡単にできます。

 

楽天ペイの還元率をアップさせる方法

 

キャンペーン中は楽天カードを紐づけて5%還元(2019.9.30まで)

絶賛キャンペーン発動中です。

楽天カードでの支払い設定をしておけばポイント還元率が5%になります。

ポイント還元の上限は5,000ポイントまでなので注意です。

3カ月で10万円使えば5,000ポイント貯まります。

エントリーに登録必須なので、楽天ペイアプリの下の画面のバナーをタップして登録しておきましょう。

重ねて注意なのですが、5%還元は「楽天カード」を支払い設定にしておかないと得られません。

 

実質最大5%キャンペーンの内訳

  • キャンペーン特典 200円につき7ポイント
  • 通常楽天ペイアプリ利用 200円につき1ポイント
  • 通常楽天カード利用 100円につき1ポイント

これにより合計で200円につき10ポイントもらえる計算になり5%還元が達成できます!

 

通常時はKyashを紐づけて3.5%還元を狙う

キャンペーン時のことはわかったけど、じゃあ通常時はどうやるのがお得かといいますと

ずばりKyashというクレジットカードを紐づけるのが最強です。

Kyashは特殊なクレジットカードで、プリペイドカードという側面も持っています。

Kyashにさらに別のクレジットカード(例えば楽天カード)を紐づけてそこからチャージして利用することになります。

つまり楽天ペイ←Kyash←楽天カードのように2回チャージをして支払う仕組みになります。

しかもkyashは通常還元率2%のキャッシュバックが得られるので、楽天カードの1%還元と、楽天ペイの0.5%還元を合わせることで合計3.5%還元を受けることが可能なのです。

さらにさらに、例えばローソンでの買い物で使う場合には、別にPontaポイントを貯めることもできます!

こうなると驚異の4.5%還元になります!

合計4.5 %

 

よってキャンペーンが終了後には、支払いカードをKyashに変更しておくのがベストアンサーでしょう。

Kyashの詳細についてはこちらの記事をどうぞ!

Kyashタイトル Kyashで還元率3%以上得る方法【2019年最強決済法の使い方・メリット・デメリット】

 

スポンサードリンク

楽天スーパーポイントでの支払いをオフにする

楽天ペイでの支払い方法はクレジットカードの連携、楽天キャッシュをチャージして払うの他にも楽天スーパーポイントで支払うことが可能です。

なんとこの楽天スーパーポイント払いは期間限定ポイントで支払うこともできてしまいます!

期間限定ポイントの使い道に悩んでいた方には朗報ですね!

しかし、期間限定ポイントは楽天でんきや楽天モバイルでも使用可能なので、これらを利用している方はむしろ楽天ペイでは通常の支払い方を選択してたくさんのポイント還元を受ける方がお得になります!

 

このあたりは楽天経済圏にどっぷりハマっているかが選択の分かれ目なので、よく確認しましょう!

ちなみにゴマ夫は

  • 通常の楽天スーパーポイントは楽天証券で投資信託の購入
  • 期間限定ポイントは楽天でんきの支払いに使用

のうように使いどころを決めているので、楽天ペイでは絶対に楽天スーパーポイント払いは使いません。

楽天ペイでの楽天スーパーポイント使用のオンオフはコード・QR払いのこちらの画面からできます。

pointチェック

楽天ペイ最新情報!

楽天ペイでSuicaチャージができる(2020年春以降)

 

普段の電車賃にまで楽天スーパーポイントの還元が受けられるならお得ですね!

2019年7月現在ではビックカメラSuicaカードを使うのが1.5%還元も受けられるのでお得でしょう!

これを上回る還元率になることを期待します!

 

 

いかがでしょうか?

お得が多いし、今後の発展も期待できる楽天ペイは今のうちに抑えておきましょう!

楽天ペイをお得に使うためのポイントまとめ!

  • キャンペーン中は楽天カードを紐づけて5%還元(2019.9.30まで)
  • 通常時はKyashを紐づけて3.5%還元を狙う
  • 楽天スーパーポイントでの支払いはオフにする

 

楽天経済圏にもどっぷり浸かれば、さらに多くのポイント還元が受けられますよ!⇩

楽天証券で投信を買おう 【楽天経済圏とは何か?】ポイントを最大限に活用して節約から投資を行う方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です